いまさら聞けないメンタルヘルス 初級編3

中小企業の皆様にわかりやすく解説するいまさら聞けないメンタルヘルス 初級編3

ご回答いただいた先生のご紹介,森  晃爾(もり こうじ)先生
産業医科大学 産業生態科学研究所 産業保健経営学研究室 教授
産業医実務研修センター長
あんしん財団と産業医科大学産業医実務研修センターと共同研究メンバー

【専門】産業医学、産業保健経営学、産業安全衛生マネジメントシステム
【略歴】1960年 愛知県生まれ。/1986年 産業医科大学 医学部卒業。/
1990年 同大学院 博士課程修了。/1992年 エッソ石油の医務部長。/
2000年 エクソンモービル医務産業衛生統括部長。/
2003年から産業医科大学産業医実務研修センター所長。/2005~2010年副学長。
○著書に「マネジメントシステムによる産業保健活動」(労働調査会)など多数。
○厚生労働省および経済産業省等の専門委員歴任

メンタルヘルス対策では、経営者や管理職がメンタルヘルスについて正しい知識を持つことが必要です。それによって、不調者への早期対応も可能になります。また、産業医の選任義務はなくても、何かあったときに相談できる医師を確保しておくことが望まれます。

法律に基づき開始になったストレスチェック制度は、当面の間、50名未満の事業場では義務とはなっていません。それでも、この制度を用いれば、従業員それぞれが自らのストレスを振り返ることができますし、事業者が職場全体のストレス状況を把握することも可能になります。助成事業もあることから、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

活き活きとした職場を作り、企業の発展と従業員の充実した生活を生み出すことがメンタルヘルス対策の最終ゴールです。このゴールに到達するためには、それぞれの従業員が参加してより価値のある仕事をするための前向きな改善を行ったり、安心して議論ができる雰囲気の職場を作ることが必要です。そのような環境を作ることができるかどうかは、経営者次第です。

  • 入門編
  • 初級編1
  • 初級編2
  • 初級編3
  • 中級編1
  • 中級編2
  • 中級編3
  • 中級編4
  • 中級編5
  • 中級編6